忍者ブログ
2017.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
主にスポーツエンタメ
最新CM
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード





2017年07月26日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年05月09日 (Wed)

ロンドン五輪男子マラソンの同国代表に決定していた猫ひろし(本名・滝崎邦明)さん(34)の出場が取り消しになった。


国際陸上競技連盟が参加資格を満たしていないという理由で五輪出場を認めない判断となった。

国籍変更後1年間は国際大会に出場できないとの規則が今年から導入されていたものの、猫ひろしはこれに該当していたという。


カンボジア陸連は特例措置を求めていたが、国際陸連は「特別な理由は見いだせない」(広報担当者)と却下。


今年2月の別府大分毎日マラソンで自己ベストの2時間30分26秒を記録し、ロンドン五輪カンボジア代表に決まっていた。


選ばれた時からもっと記録の良い選手がいるとか、カンボジア国民はつい最近国籍を取得した選手の代表決定には困惑しているとか、マラソンのためだけの国籍取得というのはどうなのかという批判的な意見も多かったようですが。


もし猫ひろしがカンボジアが好きで早いうちにカンボジアに在住していたとか国籍を取っていれば取り消しにならなかったかもしれませんし、結局はその土地への愛着と言うもので運命がwか分かれるというものですかね。


和田アキ子もカンボジア代表になったのならカンボジアで練習するべきだとコメントしていました。


本人には知らせが入るのが遅かったようで、5月8日もツイッターを更新し練習真っ只中だと報告していました。


少し気の毒と言うか、取り消しになるくらいなら最初から内定さ与えてくれなかった方がよかったよな、天国から地獄にという感じですね。


まだ特例措置は承認されていなかったのですね。


次のオリンピックには38歳となっているので、出場は困難でしょうが、だいたいオリンピックに出る選手と言うのは10代の頃から目標を設定して練習を積み重ねていますので、猫ひろしももっと年齢が若いうちに挑戦していればよかったのでしょう。




PR
2012年05月05日 (Sat)

和田毅は夢をかなえるためにオリオールズに行きましたが、夢をまだ叶えられてはいませんね。


夢を叶えると言うのははやり早い方がいいのだなと気にもなりますね。


とくにスポーツは適応期間が短い、脳以上に体の衰えはカバーできないなどなかなか難しいものです。


だいたいプロスポーツ選手は、考えること勉強は年を取っても努力で補えるけれども、体は年をとったら努力ではどうにもできない、だから若いうちにスポーツに専念しろと。



それを考えると願望と、ずば抜け身体能力、恵まれた体、才能などを持つイチロー、松坂大輔、ダルビッシュ有、田中将大などはほぼ最短距離でプロ入りしたので、自分の才能を最大限生かした人でもあるのでしょう。



スポーツはほどほどにとやっていると中途半端になったり、かと言ってスポーツだけを追い求めた人災だと失敗した場合のその他の保証がないとか、スポーツがなくなったら心の支えがなくなるとか、なかなか難しいものです。




2012年05月05日 (Sat)

オリオールズの和田毅が左肘の「トミー・ジョン手術」を受けるそうですね。




これまで順調に野球人生を歩んでいたかに見えましたが、最大の夢であるメジャーリーグでの登板を前に。



去年は日本シリーズで2度登板するなど、調子も悪くなさそうでしたが、腱が切れいていたのだそう。



野球選手と言うのも試練が多く大変ではありますね。


野手なら捕球で体を痛める、デッドボールでけがをする、スライディングで交錯してけがをする。



投手ならば打球が凄い速さで向かってきて当たる、肘への負担が大きく5年に一度ほどは一軍登録抹消されることが多いですかね。


リハビリも1~2年ほどかかるそうなので、松坂大輔はまだ復帰していませんしね。


しかし「トミー・ジョン手術」を受けた選手と言うのは思った以上に選手寿命が長い気がしますし、桑田真澄さんも27歳あたりに肘を痛めて、40歳まで野球を続けていました。





2012年05月05日 (Sat)

南海キャンディーズのやまちゃんはダイエットをして痩せましたが、しずちゃんもボクシングの減量のためかずいぶんと細くなりましたね。


昔は体格が大きいとか、大柄なイメージがありましたが、今はほっそりとしています。


カメラマンに「撮らないで!」と声を荒げるなど、精神的に情緒不安定なんじゃとも言われているようですが。


梅津正彦専属トレーナー(43)「左(手)だけの条件付きマスボクシング(軽いスパーリング)になっていっぱい、いっぱいになって焦っちゃったんだと思う。五輪へ行かなければとプレッシャーがかかっているんでしょう。」としずちゃんの心の内を代弁した。



最近はストレスのためか呼吸を乱すことがあるそうで、心療内科などにも通院しているとのことでした。


ロンドン五輪出場はまだ確定していないだけに、精神的に追い詰められているのでしょうかね。

以前は強気な姿勢で臨んでいましたが、実際には相手というのは強いそうなので、オリンピックは厳しいのでしょうかね。


オリンピックを目指す分かった時には世間から無理だろうと言われていただけに絶対に出場したい気持ちというのが強いのでしょうか。


ボクシングは痛いとか、きついとか、気持ちをたかめて試合に合わせていくだけあって精神的には苦しいことも多いでしょうね。


女性なので顔に怪我をするのは嫌でしょうし。



精神的に不安定になっているので顔も少しやつれた感じになっているのでしょうかね。




2012年05月05日 (Sat)

人気子役の芦田愛菜がこどもの日に阪神‐巨人戦で人生初の始球式で登板した。


ピンクのタイガースユニフォームを着て登場し、芦田愛菜ちゃんが登場することは知らされていなかったのか、驚きの声が上がったと言う。


、「とっても緊張しました。ドキドキしました。球場も大きいし、(歓声も)大きくてビックリしました」。「ちゃんと飛ぶかな、って心配してたんですけど、まっすぐ飛んでよかったです」


兵庫県西宮市出身で市内に甲子園がある環境で育ったのだそう。


現在は東京都在住で東京の小学校に通っているのだそう。


家庭は父親の仕事を中心にというより愛菜ちゃん中心で回っているのでしょうかね。


関西出身だけれども仕事の時は標準語で話し、関西弁で話すことはあまりないですね。


いつ標準語を身につけたと言うか、触れる機会はあったのでしょうかね。


いつも笑顔で、心から自然と出てくる笑いに見えますね。


いわゆる悩みがないとか、悩みがあっても悩みごととは感じないとか、普通の状態ですでに幸せという明るさなので、芸能界は合っているのかもしれませんね。


Prev1 2 3 4 5 6 7  →Next
ブログ内検索