忍者ブログ
2017.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
主にスポーツエンタメ
最新CM
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード





2017年07月26日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年05月09日 (Wed)

ロンドン五輪男子マラソンの同国代表に決定していた猫ひろし(本名・滝崎邦明)さん(34)の出場が取り消しになった。


国際陸上競技連盟が参加資格を満たしていないという理由で五輪出場を認めない判断となった。

国籍変更後1年間は国際大会に出場できないとの規則が今年から導入されていたものの、猫ひろしはこれに該当していたという。


カンボジア陸連は特例措置を求めていたが、国際陸連は「特別な理由は見いだせない」(広報担当者)と却下。


今年2月の別府大分毎日マラソンで自己ベストの2時間30分26秒を記録し、ロンドン五輪カンボジア代表に決まっていた。


選ばれた時からもっと記録の良い選手がいるとか、カンボジア国民はつい最近国籍を取得した選手の代表決定には困惑しているとか、マラソンのためだけの国籍取得というのはどうなのかという批判的な意見も多かったようですが。


もし猫ひろしがカンボジアが好きで早いうちにカンボジアに在住していたとか国籍を取っていれば取り消しにならなかったかもしれませんし、結局はその土地への愛着と言うもので運命がwか分かれるというものですかね。


和田アキ子もカンボジア代表になったのならカンボジアで練習するべきだとコメントしていました。


本人には知らせが入るのが遅かったようで、5月8日もツイッターを更新し練習真っ只中だと報告していました。


少し気の毒と言うか、取り消しになるくらいなら最初から内定さ与えてくれなかった方がよかったよな、天国から地獄にという感じですね。


まだ特例措置は承認されていなかったのですね。


次のオリンピックには38歳となっているので、出場は困難でしょうが、だいたいオリンピックに出る選手と言うのは10代の頃から目標を設定して練習を積み重ねていますので、猫ひろしももっと年齢が若いうちに挑戦していればよかったのでしょう。




PR
2010年04月27日 (Tue)
プロ野球の2010年契約年俸が発表されましたが3830万円で過去最高になったそうです。

高くなった理由としては栄養面や体調管理面の部分で年齢の高い選手が増えたなどがあるそうです。

トップの阪神タイガースでも40代選手は3人いるのでそのことは大きそうですね。

3800万円の年俸というのはちょうど日本ハムファイターズの年俸と近いです。

契約更改ではやや厳しく下げた選手が多いのかなと思っているチームでもけっこう高い場合がありますが、複数年契約の場合などもあるのでそういうことも関係してそうですね。


(1)阪神 5287万円
(2)ソフトバンク 5119万円
(3)巨人 4824万円
(4)中日 4601万円
(5)日本ハム 3809万円
(6)横浜 3736万円
(7)ロッテ 3574万円
(8)西武 3524万円
(9)楽天 3361万円
(10)ヤクルト 3274万円
(11)オリックス 2621万円
(12)広島 2297万円

ブログ内検索