忍者ブログ
2017.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
主にスポーツエンタメ
最新CM
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード





2017年07月26日 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012年05月05日 (Sat)

和田毅は夢をかなえるためにオリオールズに行きましたが、夢をまだ叶えられてはいませんね。


夢を叶えると言うのははやり早い方がいいのだなと気にもなりますね。


とくにスポーツは適応期間が短い、脳以上に体の衰えはカバーできないなどなかなか難しいものです。


だいたいプロスポーツ選手は、考えること勉強は年を取っても努力で補えるけれども、体は年をとったら努力ではどうにもできない、だから若いうちにスポーツに専念しろと。



それを考えると願望と、ずば抜け身体能力、恵まれた体、才能などを持つイチロー、松坂大輔、ダルビッシュ有、田中将大などはほぼ最短距離でプロ入りしたので、自分の才能を最大限生かした人でもあるのでしょう。



スポーツはほどほどにとやっていると中途半端になったり、かと言ってスポーツだけを追い求めた人災だと失敗した場合のその他の保証がないとか、スポーツがなくなったら心の支えがなくなるとか、なかなか難しいものです。




PR
2012年05月05日 (Sat)

オリオールズの和田毅が左肘の「トミー・ジョン手術」を受けるそうですね。




これまで順調に野球人生を歩んでいたかに見えましたが、最大の夢であるメジャーリーグでの登板を前に。



去年は日本シリーズで2度登板するなど、調子も悪くなさそうでしたが、腱が切れいていたのだそう。



野球選手と言うのも試練が多く大変ではありますね。


野手なら捕球で体を痛める、デッドボールでけがをする、スライディングで交錯してけがをする。



投手ならば打球が凄い速さで向かってきて当たる、肘への負担が大きく5年に一度ほどは一軍登録抹消されることが多いですかね。


リハビリも1~2年ほどかかるそうなので、松坂大輔はまだ復帰していませんしね。


しかし「トミー・ジョン手術」を受けた選手と言うのは思った以上に選手寿命が長い気がしますし、桑田真澄さんも27歳あたりに肘を痛めて、40歳まで野球を続けていました。





2012年04月16日 (Mon)

中日の山本昌が阪神を8回2安打6三振無失点に抑え、今季初勝利。

46歳8カ月と4日で2季ぶりの勝利となった。

1948年に浜崎真二(阪急)がマークした最年長先発勝利のプロ野球記録(46歳8カ月ちょうど)を64年ぶりに塗り替えた。  


山本昌は工藤公康(横浜)の最年長勝利のセ・リーグ記録(46歳1カ月)も更新した。


まだ?46歳のためか、それほど中年おじさんががんばっているという風にも言われませんが、なかなかな年齢です。


ギリギリの状態でいっぱいいっぱいという感じでもないような。


最近の選手はケアをしっかりとする、サプリメントなどで栄養管理をしっかりしているからなどとも言われますが、戦後に生まれ、食べ物に恵まれた生活を送り、丈夫な体を持った人が増えたからとも言われています。


2009年10月28日 (Wed)
今年の巨人と中日のクライマックスシリーズは4勝1敗で巨人に決定しました。

巨人・阪神 2-7 6-4 5-4 8-2という点でした。スコア。

だいたいこういう短期決戦では最初を取った方が楽とか、勝ちやすいということも言われますが、クライマックスシリーズだけは有利というのはそんなに当てはまらないということも多いですね。

中日は今年は戦力の育成も考えている時期なので、優勝するのではなく育成に重点を置いているとも言われていました。

巨人は強いのか、独走状態から見ると、他のチームの戦力がまだそろっていなかったのか・・・日本シリーズで分かる気がします。

去年は日本一を逃しただけに思いいれも強いみたいですね。

2009年07月22日 (Wed)
楽天の田中将大選手がソフトバンクホークスとの試合で最後の抑えとして登場しました。田中選手は最後ということでいつも以上に力が入っていて慎重に投げていました。田中マー君が丁寧に投げたボールはなかなか打てないと言われるほどすばらしかったそうです。

楽天は現在4位になっています。約2ヶ月前は首位1位だったのに、順位の変動は大きくなりましたね。楽天はメジャーリーグから帰ってきた福森選手も登場していますが、なかなか中継ぎや抑えが確立できないようです。

1 2  →Next
ブログ内検索